フォーリア講座 上級編

フォーリア講座の上級編です。

初級編と中級編は以下をご覧ください。

フォーリア講座

フォーリア講座 中級編/

 

上級編は、Jステップから余裕を持って背中を反らせるフォーリアが出来るくらいのレベルを想定しています。

上級編では、Jステップ以外からの入り方を説明していきます。

 

Jステップに次いで最も多いのが、スクートからの入り方です。

 

Jステップとは違い、フックやナラボング、エアリアルなどからコンビネーションとして、容易にスクートにつなげることが出来ます。

 

スクート単発は難しい動作ではありませんが、フォーリアにつなげるには終了時の正しい姿勢と勢いが必要になってきます。

 

この講座のスクートフォーリアがとても綺麗です。

スクートのやり方についても解説しています。

スクート自体の講座はこちらがオススメです。ZENさんの講座です。

 

まずはスクートのやり方について説明していきます。

  1. 左足を後ろに下げて、左足があった場所から手1つ分くらい少し前あたりに左手を付く。
    このとき右の膝は完全に曲がっていて、左の膝も軽く曲がっている。
    左手の指は自分の左側に向ける
  2. 左手を軸にして、左足、右足の順番で蹴り、身体を前方法に持ってくる。
  3. 足は外から回ってくるような感じではなく、出来るだけ直線を動くようにする。
  4. 左手が自然に少し後ろ側を向く
  5. 左足で着地する。左手と左足はそれなりに距離が開く。
    右手はJステップからのフォーリアに似たように、後ろに向かって振り上げた形になる。
    右足は大きく振り上げたいので、腰よりも多少高い位置から振り下ろす。
  6. 左手を離し、足の振りと同時に身体を起こしていく。
  7. 身体が起きたときに、右足が前あたりに振り上げられている。

さっきも行ったように難しい技ではないですが、フォーリアにつなげるためには、十分な勢いが必要になります。

次の技への勢いをつけるという点では、ロンダートに近いです。

 

まずはスクートの練習をしましょう。終わり際に両腕を上に振り上げ、軽く上にジャンプするところまで練習します。安定してくるまで続けてください。

 

足を外から回るように持ってきてしまうと、身体を起こした後の右足の蹴り出しが左方向に流れてしまい、横に回るフォーリアになってしまいますので、要注意です。

慣れてきたらフォーリアまでつないでみましょう。

Jステップになれていたとしても、スクートから入った場合には最初は全く別物のように感じられると思います。

縦軸になったまま飛んでしまうことが多いのではないでしょうか?

 

原因は、左腕の使い方がJステップからの入りとは大きく異なるからです。

Jステップの場合は両腕の大きく後ろに持ってきて、そこから両腕を同時に振り上げます。

でもスクートからの場合、右腕は後ろに持ってくることが出来ますが、左腕は左手は地面に置いているため、後ろに持ってくることが出来ません。

 

左腕は、後ろから来る右腕の振り上げに途中から参加するようなイメージになります。

ここを逃してしまうと背中を反ることが出来ず、縦軸に飛んでしまうのです。

ですので、左腕を合流させるタイミングをつかめるよう練習をしましょう。

 

タイミングがつかめたら、今後は振り上げる右足も意識して、タイミングを合わせていきます。

個々のタイミングが合わないと、Jステップよりも勢いや高さが出ないフォーリアになってしまいがちですが、慣れたらJステップよりも勢いや高さが出ます。

 

 

スクート以外の入り方としては、タッチダウンライズやライズ、ガンビィから入ることが出来ます。

タッチダウンライズが多用されます。

フォーリアをスイッチして左足で着地すれば、再度フォーリアに行くことも可能です。