ライズ講座

ライズはトリッキング入門者にも練習をしやすい、オススメの技です。

 

こちらが基本的なライズになります。 身体の角度としては、地面と水平くらいになっていますね。

 

このくらいの角度を目標にして練習をしていきましょう。

 

練習方法としては、トルネードキックから軸を徐々に倒していく、というものが一般的ですので、身体を動かすイメージがしやすく、怪我をすることも少ないと思います。

 

単発でやる場合のやり方は以下の流れになります。

  1. 左足を斜め前に出し、右足に体重を乗せ、両腕を後ろに降って構える
  2. 右足を踏み込み、同時に両手を上から下に向かって振っていく
  3. 左手が左足を通過したあたりで、左足を後ろ方法に振りあげていく。
  4. 左足の勢いを生かして、右足でジャンプする。このときに体を返し、胸を開いて上に飛び上がるよう意識する。
  5. 胸を開いた体勢のままゆっくりと半回転して地面を見る
  6. 左足で着地する。
  7. 右足は次の技につなげるなら、着地をせず、前方向に振り上げる。

 

左足が勢いよく上がってくるようになると、滞空時間が長くなり、とても綺麗に見えます。

海外のライズを見てみましょう。

このライズは、まるで浮遊しているかのように着地が軽やかです。

着地の体勢が安定しているため、フォーリアやコークにつなぎやすそうです。

 

こちらのライズも滞空時間が長く感じられます。

 

 

こちらの比較的高速ですが、背中の反りが綺麗で、縦の動きを感じられます。

 

こちらは左足で踏み込まず、右足を軸にしたままテイクオフします。後半で行っている左足を浮かせたまま後ろに振りあげるものは、キャリースルーと呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA