XTC2015 トリッキングバトル結果

8/30(日)にXTC2015という大会が開催されました。

XTCはXMA部門とトリッキングバトルに別れていますが、本記事ではトリッキングバトルについて取り上げたいと思います。

トリッキングバトルは、技の難易度や完成度などを総合的に判断して勝者を決めるトーナメント形式で争われます。

難しい技にトライして失敗したとしても、それより難易度の低い技の成功に勝利することもあります。

参加者は、前回優勝のCorkyさん、準優勝のWatabohさんを始め、2年前準優勝のChikaさん、Youtubeにトリッキング講座を多くアップしているDaisukeさんやKuniさん、サバキさんも参加されていました。

参加者も増え、毎年どんどんレベルが上がってきているのを感じます。

1回戦は、4~5名でワンムーブ(一連の演技の流れを1回)行い、1人が勝ち抜ける方式でした。審査員の評価が別れた場合は、再度技を披露します。

2回戦は同様に複数人で2ムーブを行います。準決勝は1対1で2ムーブ、決勝は3ムーブです。

決勝は昨年同様、CorkyさんとWatabohさんの対決でした。

Watabohさんの3ムーブ目の構成は、ライズ>バックサイド900>フック>タッチダウンライズ>バルディーズ>トリプルフルツイスト(間違っていたらすみません)。

トリプルを決めて仲間達と抱き合い、これは勝利間違いなしかと思った矢先、Corkyさんはフック>ナラボン>バックスイープ>スクート>バルディーズ>ダブルバックフリップ(間違っていたらすみません)をミスなく決めてきました。

審査員にとっても、難しいジャッジだったのではないでしょうか?

結果はWatabohさんが悲願の勝利を飾りました。

皆様、お疲れ様でした!

 

ベスト4の結果です。

優勝:Watabohさん

準優勝:Corkyさん

ベスト4:野間 理孔さん、Reijiさん